様々な方法で肥満状態とサヨナラしたいと考えている人におすすめのサイトです。ダイエット方法は一つではありません。自分に合った世界に一つだけのダイエット方法を試してみましょう!そのお手伝いを当サイトが行います!

  • ホーム
  • 水泳によるダイエット効果

水泳によるダイエット効果

美味しそうに食べている親子

現代社会は幼児の肥満が問題視されていますが、遺伝が関係している可能性が高いです。
もし見た目に現れていなくても、太りやすい遺伝を持っている場合、隠れ肥満に陥っていることがあるので注意します。
隠れ肥満とは、外見上は痩せていても実際の体脂肪率が高く、皮下脂肪や内臓脂肪が多くの蓄積している状態です。
特に運動不足で間食や食事の量が多い幼児は隠れ肥満対策を行う必要があります。

肥満は糖尿病や心臓病などの発症リスクを高めるので、健康的な発育を阻害する恐れがあります。
体脂肪は筋肉量が少ないと増えるので、運動をすることでダイエットが可能です。
しかし肥満の幼児は体を動かすことを嫌う傾向があります。
そこで水泳をさせると、体を動かす楽しさを教えながらダイエットができます。
水の中を歩くだけでも水圧で負荷がかかるので多くの筋肉を鍛えることができます。
最近では幼児専用のコースを設けるスイミングスクールが増えています。

水泳は全身を使って運動するので、バランスのとれた体作りができます。
水泳は有酸素運動なので、運動が得意でなくても脂肪の燃焼を効率良く行えます。
また水中にいると体温が低下します。
人間の体は体温を上げようと代謝を高めるので、遺伝で太りやすい体質であっても痩せやすくなります。
水泳に通わない日は、ウォーキングをしてもダイエットをサポートできます。

次に食事を見直すことです。
幼児期は成長に必要な栄養素を吸収しなければならないので、無理な食事制限は避けます。
しかし体内に溜まる脂肪は炭水化物と脂質で構成されています。
よって間食で炭水化物を与えすぎないことが大切です。
脂質はケーキといった洋菓子の多くに含まれているので、ヘルシーなおやつを選ぶようにします。

アーカイブ
サイト内検索
人気記事一覧